うみよる記

みやまもと

北海道在住30代主婦が考えるブログ。恋愛結婚/美容健康/時々ゲームや漫画

自己紹介

はじめましてこんにちは。山本海夜(やまもとみや)と言います。

ウェブライターとして活動しています。

このページでは、自己紹介とライターの実績をまとめました。

お仕事のご相談などありましたら、こちらからお願いします。

お問合せフォーム

 

8/30~ Twitter始めました

@yamamotoumiyoru

 

 

かんたんな自己紹介

北海道在住の30代の主婦です。

普段はゲームをしたり、散歩をしたり、イラストを描いて過ごしています。

もともと、なんとなく「編集者とか出版社とか、とにかく文章に関わる仕事がしたい!」と思っていました。

ずっとあまりそういったものと関係ない、接客業などで働いていたのですが、思い切って2021年にウェブライターの仕事を始めて現在に至ります。

以下に実績やPRを紹介させていただきますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

ウェブライターとしての実績

2021年8月、クラウドワークスでライター業務を開始

・プロジェクト形式のお仕事を受注し、ライティング技術や記事構成、SEO対策、Wordpressの使用方法など勉強中です

・ほかにもリライト、校正案件なども行っています

2021年9月現在、クラウドワークスでお仕事を11件受注し完了済み。

記事作成数は計28件です。

同月ポートフォリオ作成も兼ねてはてなブログを開設

・もっとお仕事の機会がほしいのと、少しでも興味を持っていただけたらと思い作成しました

これから実績を積んで、いろんな仕事ができたらいいなと思っています。

 

自己PR

文章を書くのが本当に好きで、ついつい長時間執筆してしまい家族に止められることもしばしば。

新しい知識を吸収することが楽しくて、今は本当に楽しくウェブライター業に取り組んでいます。

連絡などのコミュニケーションは円滑に行えるよう、誠心誠意、可能な限り早めに行うよう心掛けています。

 

得意なジャンル

・恋愛、結婚系

・美容、健康系

・漫画、アニメ、ゲーム系

他のジャンルに関してもしっかりとリサーチを行い記事を執筆いたします。

 

使用可能ソフト

文章作成ほか

Microsoft Word

Wordpress

Google ドキュメント

Google スプレッドシート

連絡ツール

・Chatwork

Microsoft Teams

 

稼働可能時間と受注条件

現在は週30~40時間の稼働が可能です。

受注に関しては、

・記事執筆のみ:文字単価1.0円(税込)~

・記事構成と執筆:文字単価1.0円(税込)~

上記はあくまで目安です。

お気軽にお問合せください。

入浴は週一でもいいからするべき理由3つ。シャワー派の方は要注意!

f:id:miyamamoto:20211201172342p:plain

久しぶりの更新になってしまいました。ここ数日、いや数カ月間は忙しく、帰ってきてなんとかご飯を食べて、シャワーを浴びて眠る生活の繰り返し。

「まだまだ頑張れる!だいじょうぶ!」と思っていた矢先、ものすごい首と肩の痛みと頭痛、そして仕事中のめまいに襲われ…。

「疲れているのかな」と休日に寝込んでみるも、まったく改善する様子がなく、「これはまずい」と思い先日病院に行ってきました。

 

検査や触診の結果、血液検査やレントゲンに異常なし、リンパも腫れておらず、やはり異常に首と肩が凝っているので、頭痛もめまいもそれが原因ではないかとのこと。

筋肉の凝りをほぐす薬を処方されましたが、「できればお風呂につかったり、ストレッチをして、薬に頼りすぎないで」と医師に言われたので、浴槽にお湯を張ることに。

 

ちょっといい入浴剤を入れて長めのお風呂タイムを取ったところ、ほんの少しではありますが首や肩の痛みが軽くなり、現在ではできるだけ湯船につかるようにしています。

 

今回は、私と同じようにシャワー派の方に警鐘を鳴らすという意味で、入浴は週一でもいいからするべき理由をご紹介したいと思います。

 

 

疲労回復、肩こり・腰痛の緩和ができる

f:id:miyamamoto:20211201172652j:plain

まずはこちら。私も身をもって体験しましたが、肩こりや腰痛がひどくなると、本当に信じられないくらい頭が痛くなったり、めまいがしたりします。

そんな肩こり、腰痛ですが、シャワーを浴びるだけでは体が温まらないので、どんどん痛みは増す一方。それに伴い、疲労もたまっていきます。

 

若い方であれば問題ないかもしれませんが、30代もなかばになると、この疲労と肩こり、腰痛の蓄積が本当につらい…。

なので、疲労回復、肩こり・腰痛の緩和のためにも入浴するべきです。

 

リラックス効果が期待できる

f:id:miyamamoto:20211201172910j:plain

シャワーはリフレッシュ効果は期待できますが、リラックス効果はそこまで期待できません。ゆったりとした時間が過ごせないですし、体が温まらないからです。

なので、仕事や学校、そのほかの用事などで疲れた場合はとくに、寝る前にゆっくりとお風呂に入ることで、リラックスして入眠しやすい状態に移行できます。

 

お気に入りの入浴剤を入れてみたり、好きな音楽を流して過ごすことで、ますますリラックス効果アップが期待できます。

 

お肌の調子も良くなる

f:id:miyamamoto:20211201173005j:plain

さらに、入浴することで、お肌の調子が良くなる効果もあります。

体温が上がることによって血流が改善され、新陳代謝が上がるため、シャワーだけで済ませた時に比べて格段にお肌の調子が良くなります。

 

半身浴をすればさらに肌の調子が整う上、ダイエット効果もあるので、時間があるときにはぜひ。

 

まとめ

入浴は週一でもいいからするべき理由は

  1. 疲労回復、肩こり・腰痛に効く
  2. リラックスして、ぐっすりと眠ることができる
  3. お肌の調子もアップ

これらの3つが主なものです。

体を大切にいたわって、いつまでも健康に過ごしていきたいですね!

零シリーズの魅力を語りたい。祝!リマスター発売!

f:id:miyamamoto:20211031170501p:plain

私生活が忙しかったりなどの理由があって久しぶりの投稿になってしまいましたが、今後もブログは続けていきたい所存です。

 

そして、すっかり寒くなり、時期的にはどうなんだろう…とツッコミたいタイミングで発売された、和風ホラーゲームの金字塔『零シリーズ』の最新作のリマスター、『零~濡鴉ノ巫女~』

もともとはWiiUで発売された作品で、自分も当時、これをプレイするために本体を購入しました。WiiUと言えばゲームパッド

その特徴を生かし、ゲームパッドを射影機(簡単に言うと心霊にダメージを与えられるカメラみたいなもの)に見立ててのプレイ感が面白かったように記憶しています。

 

さて、そんな作品を移植して、どうなるのだろうか…と少し心配していましたが、きゆうに終わりました。自分はNintendo Switch版を購入しましたが、特に問題なく、楽しくプレイしています。

 

そこで今回は、すべてのシリーズを遊んできた私が、零シリーズの魅力について語っていきたいと思います。

 

 

ホラーとエロスの絶妙なバランス

f:id:miyamamoto:20211031171545j:plain

ホラーとエロスは切っても切り離せない関係である、と私は考えています。

もちろん、絶対必要!という訳ではありませんが、エロティックなシーンがあると、その後の恐怖感が一気に際立つと思うのです。

 

そして、零の主人公。毎回、そんな装備で大丈夫か?と確認したくなるような薄着で廃虚にやってきます(迷い込んでしまったものもあるけれど)。

しかし、これは、「エロさでそれ目的のユーザーを増やしたい」だとかではなく、恐怖を引き立たせるため、といった目的も兼ねているのだと思います(いや、違うかもしれませんが…何せあのDOAテクモなので…)。

 

毎回ポイントを使って新コスチュームを解禁することができ、そこでは水着などもあるものの、それはあくまでおまけ要素、やりこみ要素の範囲なので触れません。

基本的には零の主人公の服装は、そこまで高いと言えるほどのものではなく、なんともきわどいラインを保ったデザインです。

 

そこがさらにエロさを引き立たせているのです。全部が丸見えよりも、見えないところがあった方が想像がかき立てられます。

 

さらに、テクモが得意の美少女の造形もばっちり。初期はさすがにマシンパワーの関係で今になって見ると厳しいかもしれませんが、最新作ではさまざまな属性の美少女が。

渋い男性キャラクターも登場していますので、そちらにもご注目。

 

和風ホラー特有のじわじわとした恐怖感が素晴らしい

f:id:miyamamoto:20211031171739j:plain

このゲームは『幽霊が現れるまでの方が怖い』ゲーム、と個人的に思っています。

幽霊が現れると、射影機を構え、フェイタル(クリティカルのようなもの。フェイタルが撮れるとコンボがつながる)を狙うので、どうしても『ゲーム感』が強くなるため。

逆に言えば、純粋なゲーム性を見た時にもとても面白い作品です。慣れてくると、フェイタルでコンボをつなげる爽快感が味わえるでしょう。

 

幽霊が現れる前、暗い和室を、床をきしませながら歩いている時…懐中電灯の明かりによって生まれる影に、「ヒッ」となってしまったり。

和室や日本家屋の雰囲気もよく再現されていて、ほこりっぽさや、すえたにおいが伝わってきそうなほどです。そこを歩いているだけで、じわじわとした恐怖感が味わえます。

 

そして賛否両論がありますが、このゲーム、基本的に移動速度が遅いです。さらに、扉の開け閉めもわざとゆっくり行われるように作られています。

そのもどかしさが、じわじわとした恐怖感をさらに強めている、と私は思います。

 

毎回お約束、儀式失敗から始まるストーリーの安心感

f:id:miyamamoto:20211031172151j:plain

毎回、もの悲しいストーリーで感動してしまうのですが、身もふたもない言い方をしてしまうと、『儀式の内容が変わっているだけ』とも言えます。

こういう言い方をするとけなしたいのかと誤解されそうですが、そうではありません。

『変わらない良さがある』ということを言いたいのです。

 

そして、毎回パターンが決まっていると分かってはいても、巫女の置かれたつらい境遇に感情移入をしてしまい、エンディングでは号泣。

この安心感も、零シリーズならではの魅力だと思っています。

 

最新作は、未経験の方にも遊んでみてほしい

そして今回の最新作、『零~濡鴉ノ巫女~』のリマスター版ですが、シリーズ未経験の方にもぜひ遊んでみてほしいです。

過去作とのつながりはあるのですが、プレイしていなくてもまったく支障はありません。

 

そして、リマスターで画質も向上しており、最近のゲームにも引けを取らないほど。ゲームの読み込み時間などもほぼなく、快適に遊べます。

内容はきちんといつもの零なので安心の怖さですし、女の子もとてもかわいい。

さまざまな追加要素もありますし、対応機種も多く、さらに価格も最近のゲームとしては安価です。

 

興味を持った方は、ぜひ手に取ってみてほしいな…と思います。

そして、テクモさん、ぜひ新作をお願いいたします。

眠れない時にすること。入眠困難症の私が実践している3つのこと

f:id:miyamamoto:20210930220436p:plain

今週のお題「眠れないときにすること」

 

こんばんは。昔から寝付きが悪く、よだかの星と親戚や祖母には呼ばれていました。もちろん当時は意味がわからず、年数が経ってから知ったものです。

そして寝付きが悪いのはやはり年を重ねても変わることはなく、布団に入って数分で眠っている夫を見たときのび太みたいな人って本当にいるんだなぁ」と感動と同時にうらやましくも思いました。

 

そんな入眠が困難な性質を持って生きてきて数年。なかなか眠れないときに実行していることをご紹介したいと思います。

 

 

布団(ベッド)から出る

f:id:miyamamoto:20210930220658j:plain

一番よくないのは、『布団もしくはベッドの中で、眠りたいけど眠れないという経験、そしてイメージを重ねていくこと』です。

なので、布団に入って目を閉じて、15分以上眠れなければそこから離れます。

 

一番最悪なのは、布団の中でスマホや携帯ゲームで遊ぶこと。スマホや携帯ゲームをするのは布団以外にすることをおすすめします。

 

とりあえず寝ることをあきらめる

f:id:miyamamoto:20210930221016j:plain

インソムニア』という映画があります。不眠症に陥った主人公が、どんどん壊れてしまう物語です。

そこまでの不眠症であればもちろん治療の必要がありますが、とりあえずそういうことは考えない。今、私はなかなか寝付けないだけ。

そして仮に一晩眠れなかったとして、そのまま仕事に行って、もうどうしても倒れてしまいそうだとか、そういうふうになった時はその時に考えればいいこと。

 

社会人としては「それは怠けだ」とか、「体調管理がなっていない」と言われるかもしれませんが、その状況になった時に考えればいい話であって、今この瞬間は眠れないという事実に思い悩んでいる訳です。

なので、あえてそういうことは考えないようにします。眠れないということを受け入れて、本を読んだり、ぼーっとしてみたりします。

 

眠れない…と悩んでいるとなかなか寝付けないのですが、その考えを手放すと不思議とあくびが出てきたり、眠気が訪れることが多いです。

 

眠れなくても、めったに死ぬことはない

f:id:miyamamoto:20210930221315j:plain

つまり、これくらいの気持ちでどーんと構えている、ということです。

自分は入眠が難しいだけで、寝始めてしまうと次の日が休みのときには正午ごろまで眠ったりしてしまいます。いわゆるロングスリーパー

 

しかし、それを考えていても問題が解決することはないですし、体質改善のために朝のウォーキングなどもしていますが、そこまで効果があるかと言われるとなんとも言えません。

すっと眠れるのが一番の理想ではあります。しかしなかなか難しいので、眠れないときにはその時間を有効活用するようにしています。

 

まとめ

近年は朝活がはやっていますし、朝から活動したほうがいい、という風潮にありますよね。でも、体質的にそれが難しい方もいると思います。私ももちろんその一人。

今の世の中、多様性が重視されています。だとしたら、当然だけど睡眠状況にも多様性はあるはず。社会や他の人に迷惑を掛けない範囲で、夜の時間を楽しむのも大いにアリです。

MicrosoftのタブレットPC、surfaceのすすめ。

f:id:miyamamoto:20210923005258p:plain

 

私が日頃、ネットサーフィンやブログの記事の執筆、ウェブライター業務をこなすとき、愛用しているのはsurface pro3です。

2014年に発売されたものを使い続けているので、「よくそんな古いものを使い続けているな…」と思う方もいるかもしれません。

 

そもそも、surfaceと聞いてもピンとこない方が大多数でしょう。surfaceとは、おおざっぱに言えば、Microsoftから発売されたタブレットです。

タブレットとは言ってもMicrosoftから発売されているだけあり、OSはWindows。そして、私が使用するモデルはカバーがキーボードになっているので、タッチ操作をせずに普通にパソコンとして使うことも可能です。

 

今回は、surfaceがおすすめできるのはこんな人!ということで、私が7年間使った実体験を踏まえてご紹介していきたいと思います。

念のため、apple製品をおとしめようという意図は一切ありませんので、ご理解をいただけると幸いです。

 

 

(1)人とちょっと違ったもの好きな人

f:id:miyamamoto:20210923004539j:plain

 

iPadMacbookは何かとスタバやら喫茶店で使っている方を見かけますよね(もちろんこれは嫌みではありません。私はsurfaceが好き!と言っておきながらスマホiPhoneを使っていますし、apple製品の良さも分かっているつもりです)。

でも、suefaceを使っている方を私は街で見かけたことがありません。家で使っているのかもしれないのですが…。

 

どんなものにでも、『人と被らないもの』を好む層、というのが存在します。そういった層に属する方にはぜひsurfaceを試していただきたい。

もちろんその製品がどうしようもない欠陥品であればファンはつかないと思いますが、ネット上には私と同じようにsurface愛好家がいます。

 

surface-blog.com

 

dare-tame.com

 

そして私はsurfaceを使っていて、「これは欠陥品だな…」だとか、「やっぱりiPadには勝てないな」と思ったことは特にない程度に使用できているので、スペックや構造にそこまで問題はないです(私の7年前の型落ちのものでもそう思えるのですから)

 

(2)WindowsのOSやキーボードに使い慣れている人、もしくは好きな人

f:id:miyamamoto:20210923004655j:plain

 

仕事でパソコンを使っている方の多くは、OSがWindowsのパソコンを使用しているのではないかと思います。

そうでなくても、「昔、実家にあったパソコンのOSはWindows」という方は多いでしょう。自分は今30代前半で、小学生のころにパソコンが家庭にも普通に置かれるようになり、その時に親が購入したものは、やはりOSがWindowsでした。

 

そんな小さな頃からWindowsのOSに慣れ親しんでいたので、Word、Excelなど…触っているうちにある程度は覚えたものです。

そして、「Ctrlキー」は分かりますが「commandキー」は分かりません。

 

さらに、Windowsはシェアが高いので、対応しているソフトウエアが多いのも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

ものは使えば慣れるとは言いますが、やはり慣れているものを使いたい。そういった方にsurfaceはおすすめです。

 

『武骨なもの』が好きな人

f:id:miyamamoto:20210923004908j:plain

 

正直に言いますと、apple製品にはセンスがありますが、Microsoftにそれがあるかと言われると…私は首を横に振るでしょう。

surfaceの見た目もそこまでおしゃれではありません。一方、iPhoneをはじめとしたapple製品は容器から何から、スマートでハイセンスですよね。

 

しかし、その『武骨さ』に魅力を感じる人。そういった人には、surfaceを強く勧めます。おしゃれではないと言いましたが、洗練はされていますし、『物の造形としての美しさ』はきちんとあります。

ただ、そのベクトルがapple製品と違うだけなのです。

 

まとめ

今回は私が常日頃からさまざまな用途に愛用している、surfaceをおすすめできる人はこんな人!という記事でした。

 

  • 他の人とはちょっと違ったものが好きな人
  • WindowsのOSなどが使いやすいと感じる人
  • おしゃれすぎず、ちょっと武骨なものが好きな人

 

以上が『surfaceをおすすめできる人』です。もちろん個人差がありますが、少なくとも自分は主にこの3つの理由からsurface pro3を購入し、2021年の現在まで多岐にわたって使用しています。

 

これを読んで、少しでもsurfaceに興味を持ってくれる方が増えたらうれしいです。

【東京卍リベンジャーズ/ネタバレあり】馬地圭介はタイムリーパーだったのでは…?

f:id:miyamamoto:20210919225259p:plain

 

まだまだ収まることを知らない、『東京卍リベンジャーズ』の人気。それに比例して、私の熱も上がっていきます。

そんな私の一番の推しキャラは『馬地圭介(ばじけいすけ)』。彼は仲たがいしてしまったかつての仲間たちの絆を再び結束させ、『自分が自殺する』という事実によって未来を変えた人物です。

 

しかし、この一連のシーンを最初に読んだ時から、私の中で馬地に対してある疑念が生まれました。

 

『馬地は実はタイムリーパーだったのでは?』ということ。

今回は馬地はタイムリーパーだったのではないか、という説について考察していきたいと思います。

 

 

馬地圭介がタイムリーパーだとする根拠1

 

馬地は最後に一虎とマイキーの死闘を止めるため、すでに致命傷を負っていたにも関わらず自分の腹にドスを刺し「自分が死んだのは一虎のせいではない、だからマイキーが一虎を恨む理由はない」といったことを高らかに宣言します。

一見すると、誰よりも仲間を大切に思う馬地ゆえの発言と取れます。しかし、武道が何度かタイムリープを行って過去の改変を行ってきたという事実に着目してみてください。

 

『馬地は、ここで一虎に殺されるという過去を変えるため、わざわざマイキーや一虎に分かりやすく、自分は自殺で死ぬのだと説明した』とは考えられないでしょうか。

もちろん、武道の介入があって馬地にこういった心境の変化が起こった可能性は非常に高いです。しかしわざわざ、『自分は自殺で死ぬ』というのを伝える必要はあったのでしょうか。

 

ここが馬地の絶妙なところ。馬地の優しい一面を思えば、それは確かに不自然ではない、と思えるようになっています。

しかし深読みをした場合、『馬地圭介もまたタイムリーパーであったかもしれない』という考察の余地を残しているんです。

 

馬地圭介がタイムリーパーだとする根拠2

 

これは少しだけ話がずれてしまうのですが、自分はもしかしたら『東京卍リベンジャーズにはタイムリーパーが複数存在するのでは』と考えています。

この最大の根拠は、『リベンジャーズ』と複数形になっていること。武道一人がタイムリープをして過去を変える、『リベンジをする』のであれば、『東京卍リベンジャー』というタイトルでいいわけです。

 

つまり、『リベンジをしたい人間は複数存在する』という伏線になっているのではないかと思いました。

実際、作中に存在する人物にはそれぞれの『リベンジしたい対象や出来事』が存在しています。そして重要なのが、タイムリープするためにはトリガーが必要』ということ。

そしてトリガーの条件については『過去を変えたい』という思いであると私は考えています。過去を変えて、何かしら変えたい現在の事象があるのだと。

 

馬地がタイムリープをしたのだとしたら、トリガーになったのは死の間際に馬地が死ぬことで深い悲しみを負ったマイキー、もしくは千冬ではないかと思います。

そして馬地は死の間際でタイムリープをしたからこそ、稀咲の不審な行動を嗅ぎつけることができたし、彼が怪しいと踏んでいた、とも考えられるのではないでしょうか。

 

馬地圭介はタイムリーパーなのでは?についてのまとめ

実際馬地は亡くなってしまった以上、このことに関する真相は分かりません。しかし、私が馬地がタイムリーパーだったのではないかと考える根拠については以下の二つです。

 

  • わざわざ、『自分は自殺で死ぬ』と宣言する必要性。馬地の人間性を強調することによってここに巧妙なフェイクが施されていたのでは?
  • 武道以外にもタイムリーパーは複数存在する。稀咲が怪しいと感づいたのも、一度目に失敗した経験があるからではないか

 

もし馬地がタイムリーパーであった場合でも、タイムリーパーではなかった場合でも、彼には『男気』があったことは間違いありません。

最後まで仲間を思い続けた馬地圭介。彼のためにも、マイキーには立ち直ってほしいところですね。

休職中に考えること、やはり会社に行かなければならないのか?(9/21追記)

f:id:miyamamoto:20210901215803p:plain

 

※2021年9月1日に公開した記事ですが、必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2021年9月21日に再度公開しました。

 

こんばんは。スーパーに秋鮭が並んでいたので、買ってきて焼いて食べました。

とってもおいしかったのと、実家にいたころは「魚が出た日ははずれの日」なんて思っていたなぁ…と感慨深い気持ちになった九月の夜。

そんな話はさておき、自分は今会社に行けていません。現在進行形です。

会社に行かないことは悪なのか、そんなことを考えて過ごしているので、その考えについてのまとめを文章にしてみようかと思います。

 

 

会社に行けなくなった理由

f:id:miyamamoto:20210901220303j:plain

 

現在はおおまかにいうと接客業・販売業で働いているのですが、どうしてもその職業に自分が向いていると思えずにここまで来ました。

向いていないと思う理由は、

  • クレーム客などの言い分をそのまま受け止めてしまう
  • うまくストレスを業務上で発散できていない

この二つが主なもののように思います。

そしてこれまでも2回ほど、メンタルの不調で休職などもしてきました。ただ、基本的にこれまでは「元気になったらもう少し頑張ってみよう」と思っていたのです。

今回もたまたま変な客に当たってしまっただけ。けれど、「もう少し頑張ってみよう」といまだに思えない。

それどころか、どちらかというと「続けるべきか否か」ということが悩みの中心です。

  • これが何度目かわからないのでこれ以上会社の人に迷惑をかけるべきではないと思う
  • 向いていないことをこれ以上続けて、何か実りがあるのか。自分の人生はそれでいいのだろうか
  • もしかしたら行く気になればまた行けるけれど、根本的な解決ができていない以上、またこのような状態になる可能性がある

これらのことが主な理由。

正直、どちらかというともう続けるべきではないというのが自分の中で大きいのですが、なかなか決断できずに過ごしている現状。

もともと10代から精神科に通っていて、最近では不調時にかかるのみなのですが、今回仕事に行けなくなってからも通院しています。

そして安定剤を処方され、診断書をもらって会社に提出し休職中。しかし、仕事のことを考えなければとくに不穏になることもなく、毎日安定した生活を送っています。

 

なぜ、次に行くという決断ができずにいるのか

f:id:miyamamoto:20210901220633j:plain

 

ではなぜきっぱりと決断ができずにいるのかというと、

  • 次の職場に行ったとして、人間関係がひどかったらどうしよう…という不安
  • ある程度安定している今の会社を辞めて本当にいいのか

こういったことを考えて、二の足を踏んでいます。

一つ目については、自分はもともとあまり交友関係が広いタイプではなく、人付き合いが苦手とまではいかないけれど人に慣れるまでに時間がかかるから。

現在の職場の人間関係にはそこまで大きな不満もなく、業務以外には特に問題がないのです。逆に言うとこれで人間関係が良くなければ「次に行こう」とすんなり切り替えられるとも。

そして二つ目。今勤務している会社はある程度安定性はあります。おそらく、並大抵のことでは倒産や自分がリストラされることもないです。

果たして、自分のような大学中退者で職歴、スキルも特に秀でていない人間が行けるような会社で、今の会社よりも安定性のある会社はあるのだろうか。そう考えてしまうのです。

安定性だけがすべてとは言いません。しかし、正直に言うと、私はこれまでその安定性の中でぬるま湯につかったような生活をしていたので、それを失って本当に大丈夫だろうかと不安になります。

 

結論はまだ出ないけれど、いつかは出さなければならない

f:id:miyamamoto:20210901220826j:plain

 

さて、ではどうするのが正解なのか。今の自分にはまだ結論が出せずにいます。

しかしいつまでもこうしているわけにもいかないので、いつかは必ず結論を出さなければいけません。少しずつではありますが、毎日、考えています。

今は「こうしなければならない」よりも「どうするのが自分にとってベストなのか」というのを、時間をかけてゆっくりと、悩んでいる最中です。

結論を出すときは必ずきます。

そのとき、どんな結論を出したとしても、できるだけ自分の後悔がないようにしたいと思っています。

 

そして何より、会社の方々には迷惑をおかけして申し訳ないです。そして、自分を支えてくれる家族にはいつも感謝しかありません。ありがとう。

 

結論:復職してみることにしました

f:id:miyamamoto:20210921190911j:plain

 

そして思い悩む日々を過ごすこと数週間。以前から私を気にかけてくれて、本当に良くしてくれている上司から連絡が来ました。

 

『職場の同じ部署の人たちも、できれば海夜さんに復帰してほしいと思ってるんだ。それで、勤務の形態を考慮して、日数の半分は事務や補助の作業、残りはこれまで通り、という形でどうかと考えているんだけど、どうかな』

 

自分は恥ずかしながら契約社員です。なので配置転換などはしてほしくても言うことはできませんし、どうしても違う職種で働きたいなら転職するしかありません。

しかし、ここまで会社側が提案、譲歩してくれているのに、断るというのもどうなんだろう。そう思って先日、「できるだけ頑張りますので、よろしくお願いします」と連絡しました。

 

『復職してみる』と表現しているのは、決して投げやりに考えているわけではないのです。『もしだめだったら、またその時に考えよう』と、いい意味で軽く考えて、もう少し頑張ってみることにしました。

実際にどうなるのかはわからないし、もしかしたらやっぱりだめかもしれません。でもそれは今に考えることではなくて、そうなった時に考えて、相談したりしてみるといい。

 

なので同じように悩んでいて、どうしても会社に行きたくない!仕事を辞めたい!という方がいましたら、一応以下のことを考えてみてほしいです。

  • 抱えている問題は、上司などに相談しても解決しない問題か
  • もしくは今後、時間がたった時に解決する見込みはないか
  • とりあえずやり過ごす方法はないか

これらがだめだった時には、仕事を辞めることも検討してみるといいと思います。そしてあくまで、これは『続けるか辞めるかを悩んでいる方』に向けたチェックリストです。

 

今は少なくとも、私のことを評価してくれている方がいる。その方たちの気持ちを裏切りたくないので、あとちょっと頑張ってみます。

いや、頑張りすぎず、適度に肩の力を抜けたらいいな、そう思っています。